広告

珈琲茶屋に行った件






こんにちは、川上真鶴です。

四万十川沿いにある、珈琲茶屋に行ってきました。

四万十川を眺めながらコーヒーを楽しめる喫茶店です。

今回は私はアイスコーヒーを注文しました。

こちらがアイスコーヒーです。






その日はおばあちゃんの人が一人で切り盛りしていましたが、そのおばあさんはお話好きなのか、よくしゃべるしゃべる!

しかし、他のお客さんが来たらちゃんと対応するほど、きちんとしている。

たまたまお客さんが私だけなのもありましたが。

そのおばあさんと話していて、四万十市に何とかコーヒーができると知り合いから聞いたと言っていたので、もしや、コメダかなと思いました。

チェーン店も悪くはないけど、やはり、個人経営の喫茶店が少なくなるのは寂しいです。





そのおばあさんも細々とお店の仕事を頑張っています。

体が元気なうちは続けて欲しいと思いました。

個人店にはそれなりの良さがあります。

チェーン店の欠点は、そのお店の独自の個性が出しにくいところでもあります。

コメダは、噂で聞いたけど、コーヒーは工場でパックされたものを使うので、美味しくないという人がいるようです。





コーヒーは、その場で豆を挽いて、サイフォンでもドリップでもいいから淹れる方が美味しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、川上真鶴でした。